FC2ブログ

PCとかゲームの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. EscapeR3記録
  3. スポンサー広告

EvernoteのAPIをいじってみた

ちょっと諸事情でEvernoteのAPIを使ってあるJSONからデータを取り出してノートを作らないといけなくなりました。
そこでEvernoteAPIをPython3.6でいじって一部ハマったのでメモ。
参考
Evernote Pythonから画像つきノートを作成する時の注意点
PythonからEvernote APIを使う方法
EvernoteのAPIを使ってみる

pipでevernote3をinstallしてAPI keyの取得してActivateして。
Activateは1回送って5営業日でも連絡なかったので再送信して放置してたらいつの間にか来てました。(何日かは忘れた
ProductionだとDevTokenが
Update: the creation of developer tokens is temporarily disabled.
とかで取れなかったので仕方なくOAuth認証をしたんですがちょっとハマりました。
コールバックURLとかあるんですがWebアプリを作っているわけではないので困りました。
ちょっとスクリプト動かしたいだけなんですが……。
いろいろ試行錯誤の末コールバックURLには適当に"http://www.foo.com"とか入れて返ってきたURLをprintしてブラウザでアクセスして承認、で
"http://www.foo.com/?oauth_token=<ユーザー名>.<文字列>&oauth_verifier=<文字列>&sandbox_lnb=false"
みたいなURLに飛ばされるのでoauth_verifierの<文字列>をコピーしてinput()で渡してget_access_tokenでうまくいきました。
長いですね。コードにすると

request_token = client.get_request_token("http://www.foo.com")
redirect_url=client.get_authorize_url(request_token)
print(redirect_url)
verifier = input()
auth_token = client.get_access_token(request_token["oauth_token"], request_token["oauth_token_secret"], verifier)

みたいな感じです。
で、EvernoteClientをtoken=auth_token, sandbox=Falseで作ったら、後はsandboxでのコードのままです。
ノート作るのは参考URLのをコピペで動きます。まぁそれも公式ガイドのコピペみたいですがw
スポンサーサイト


  1. 2018/12/05(水) 21:18:22|
  2. EscapeR3記録
  3. Programming
  4. | コメント:0
<<Cで押し出し配列を実装してみた | ホーム | ETS2マルチモニタの設定に苦労した>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する




                    

プロフィール

ちゃい

Author:ちゃい
1ヶ月広告を出さないように
のんびり更新していきます。
自分が後に思い出として振り返って
見るために書いてる所あるので
読みにくいかもです。

最新記事

最新コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

未分類 (8)
PC (18)
BlueStacks (4)
ゲーム (35)
艦これ (30)
電子工作 (2)
自転車 (17)
スマホ (9)
Android (7)
Programming (3)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。