PCとかゲームの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. EscapeR3記録
  3. スポンサー広告

BlueStacksでマクロみたいなこと

マクロを組もうと思ってFRep入れてみても、どうも
うまく動作しない。
と、言うことで別の方法でマクロを組もうと思います。
この方法はいつも参考URL張って、丸投げしてる私にしては
珍しく自分で頑張りましたw

使うのはBlueStacksをインストールした時に入っている、HD-Adbです。
普通にインストールしていれば「C:\Program Files (x86)\BlueStacks」にあると思います。
んで、バッチファイルを作ります。

REM 座標指定
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 3 0 20345
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 3 1 25214
REM タップイベント
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 1 272 1
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 0 0 0
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 1 272 0
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 0 0 0

パスが通っていればこのままコピペすればいけるのですが
パスが通っていない場合は、パスを通すか、「HD-Adb」を「C:\Program Files (x86)\BlueStacks\HD-Adb.exe」に
置換してください。普通は通ってません。
パスの通し方はプログラム環境の構築:パスの通し方
見て頑張ってください。
それでは、説明していきます。
まず2,3行目は座標を指定しています。
「HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 3 0 20345」が
X座標を指定してて、
「HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 3 1 25214」が
Y座標を指定しています。
座標とかチンプンカンプンな人は中学の1次関数とかを思い出してみてください。
簡単に言うとXが横Yが縦で、左上が(0,0)です。
5行目から8行目は、タップさせる処理です。
「HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 1 272 1
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 0 0 0」で
タップし始め、
「HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 1 272 0
HD-Adb shell sendevent /dev/input/event1 0 0 0」で
離してます。

とりあえず、これとバッチファイルの書き方さえわかっていれば、マクロが組めると思います。
わからない所があるなら質問いただければ、答えます。
文章力ないので分かりづらければ、どんどん質問してってください





12/27追記
そういえば書き忘れてたんですが座標指定は適当な所を指定しているので、
タップしたい場所に応じて変えてやってください。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/18(木) 17:24:58|
  2. EscapeR3記録
  3. BlueStacks
  4. | コメント:0
<<iBlank for ios7 and ios8 5.0のダウンロード | ホーム | xアプリからiTunesに音楽を移動>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する




                    

プロフィール

ちゃい

Author:ちゃい
1ヶ月広告を出さないように
のんびり更新していきます。
自分が後に思い出として振り返って
見るために書いてる所あるので
読みにくいかもです。

最新記事

最新コメント

年別アーカイブ一覧

カテゴリ

未分類 (9)
BlueStacks (4)
C# (1)
Minecraft (1)
PC (6)
Windows (7)
iPhone ( ios ) (2)
艦これ (30)
電子工作 (2)
自転車 (13)
Android (3)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。